2006年04月27日

卓球世界選手権

夕べ女子の試合の放映がテレビ大阪であった
テレビで見られるようになったのも愛ちゃんのおかげかもしれない
久しぶりに卓球の試合を堪能できた^^
日本はシンガポールに3−0で勝ったが,すべてフルセットの接戦
どれもすばらしい試合だった
世界レベルになるとスピードも違うし,ホンマに見応えがあった
一緒に見ていた主人は“いまのどうなった?”とか目で追い切れていなかった場面もあって,不肖もと(大昔)卓球選手の私が解説しながらのテレビ観戦。楽しめた
福原愛ちゃんはリ・ジャウェイ(世界ランキング4位)と対戦。17歳ながらあの集中力はすごかった
これで日本女子は一次リーグD組1位で通過


ドイツでは卓球も結構人気があるらしく,同時進行していたドイツ選手の試合に大きな歓声が上がっていた

ちょっとびっくりしたのが中国出身の選手が結構いること。シンガポールのエース,リ・ジャウェイ選手も元中国。日本の金沢選手(全日本女王)も元中国。やはり中国のレベルはすごい
posted by hidekka at 09:20
"卓球世界選手権"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: