2020年01月07日

本日初めての面談日

リハビリ病院入院して初めての面談日。
普通は1週間後ぐらいに行われるのだけど入院が年末で日程調整出来なくて本日。
今の状態と目標を伝えられた。
今日から歩行器使って院内歩けるようになった模様で。
足首の装具も今日サイズやらはかって作るらしい。
坐位からの立ったり座ったりを重点に置いてるようだったのでそれだけでは困る。
うちは三階建ての2階からが居住空間。
よって階段の上り下りが出来ないと困ることを伝えた。
杖使って階段の上り下りが出来るようになることも考慮に入れてもらい…
目安として,入院から二ヶ月,2月末ぐらいの退院をめどにリハビリするそうな。

そんな内容で本日の面談終了。
主治医は…インフルエンザで欠席。。。
医者もインフルエンザにかかる。


※今日面談に出てた看護師はいけしゃあしゃあとウソをついた。お茶など自分の飲み物は給茶機で入れられていると。後縦靱帯骨化症で右手がまだ不自由。ご飯食べるにも支えがないと落ちてしまう右手。左手はまだまともに使える。
けど結構熱湯が出てきて,500ccの計量カップに入れて自分のボトルに入れ直さないといけないという給茶機。だいたい片手ではかなり無理。危ないし自分ではしないと珍しく自分から申し出てた。
私もやめてくれといってた。
私が行った時に入れ替えるか看護師さんに頼んで入れ替えてもらってたはずなのに。
さも見てたように自分で全部やってると。
どうやったらあんなウソが言えるのかと。あきれて怒ることも出来なかった。
あんな感じで何でも出来るようになったと退院させられるのやねぇ。
そういえば去年も…
坐位から立ったり座ったり出来るようになりました,と言われて退院してきたのに帰ってきたら出来てなかった。結局のところ療法士さんたちは自分たちのノルマが出来てればそれでよく患者がどれだけ出来てるかというのは二の次のように思う。
患者をしっかり観察してる人は皆無に近い。
面談はそういう実態を認識する場であることを去年からの経験で知った。
そして今日もそれを確認した。※
posted by hidekka at 17:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください