2019年12月13日

突然の退院連絡

今朝メタボ氏からのメールで14日に退院の方向で話が進んでいるらしい旨のメールが来た。
何も連絡受けてない私。
いい加減にしてくれと…いわれたまま受け入れずにちゃんとこっちの希望も伝えろと怒りのメールを返した。
そのあと病院から連絡。
明日転院して欲しいと。
あまりにも急だったのでかなり頭にきて文句。
病院間の都合でしか話が進んでないのにホンマに腹が立った。
患者は後回し,あくまで手術した病院と受け入れ先の病院との都合だけの問題で話が進む。
とにかく腹が立って,もういらないと直接家に帰せと。
それでも私は一向にかまわなかったから文句付けた。
一人で転院可能ならそうしてもらうとまでいわれさらに怒り心頭。

リハビリ病院行ったところで質のよいリハビリを受けられるわけでもないしメタボ氏が少々というかかなりしんどい思いをしばらくすれば済むだけの話だし…
すでに手術する前に悲惨な状況を過ごしてきてるからそれでも一向にかまわないといった。

文句言うだけ言って仕方ないし明日朝退院のため出向くとしょうことなしに了承してそのときは終わり。
慌ただしく色々準備したところで又連絡。
1週間勘違いしてたと,退院は来週21日だと。
うそつけ!!とおもった。
あり得ない勘違い。
もうあきれて返す言葉もなかった。
結局来週21日に退院になった(受け入れ病院年内最終退院日が21日,大概その日あたりに退院出来る人は出て行く。うちは去年その病院でギリギリにその21日までリハやって退院したかったけど退院する人が多くてもう出来ず。仕方ないしその前に退院したのだったわ)。

どうしようもないから頼らざるを得ない病院。
病院は手術してその部位(術創)の治療が終わればそこまで。

今日びったんこに出てた先生みたいに最後まで直してあげるなんて思ってる先生はまず皆無。
その先生は自分が病気になって「直してあげると言って欲しいと思った」と,おっしゃっておられた。
患者は皆同じ。大門美智子の「わたし失敗しないので」が欲しいんだわ。
大門美智子は99.99999999……%いない。
残念なことではある。

愚痴でした。。。
タグ:退院
posted by hidekka at 23:01| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください