2012年12月31日

コート・デュ・ローヌ レ・アンティマーニュ

Wantimagnes2010 2010 コート・デュ・ローヌ レ・アンティマーニュ / ドメーヌ・デ・エスカラヴェイユ
フランス ローヌ 赤
通常価格:税込1,575円
6本セット14700円で購入したうちの1本。
透明なやや薄めの赤紫色。
バランスよくて軽快なワイン。味わいもそこそこしっかり。ちょっと草っぽい独特の香りがあるけどそんなに気になるほどではない。
とても飲みやすいワインだった。
昨日このムシなんやろと議論になった。今日調べてみたらラベルのムシは“フンコロガシ”だそうで,ドメーヌ名のESCARAVAILLESがそのフンコロガシだって。へぇぇ…でした。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
COTES DU RHONE LES ANTIMAGNES/DOMAINE DES ESCARAVAILLES
農薬や除草剤は一切使用しないリュット・レゾネ(減農薬栽培)方式を採用している自然派のドメーヌ・ド・エスカラヴェイユ。こちらのレ・ザンティマーニュはまるで摘みたての赤い果実をそのまま食べたようなフレッシュさが魅力。南仏らしい優れたバランスと安定感のある構造になっています。

“Domaine des Escaravailles”(ドメーヌ・デ・エスカラヴェイユ)という名前は、南フランスで話されていた言語、オクシタン語の“Escaravay”(エスカラヴェ)、つまり「フンコロガシ」という言葉に由来しています。
18世紀、この土地では修道院によるワイン造りが行われていました。
小高い丘の上で農作業をする黒装束の修道僧たちの姿が、遠くから見るとフンコロガシに似ていたことから名付けられました。
また、働き者のフンコロガシ(=修道僧)に敬意を示し、ドメーヌの名前をドメーヌ・ド・エスカラヴェイユと名付け、
ラベルにもフンコロガシの絵が描かれるようになりました。
ドメーヌは1953年からフェラン一家によって所有され、1999年からはジル・フェラン氏が経営しています。
ブドウ品種:グルナッシュ 70%、シラー 30%

posted by hidekka at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック