2007年11月13日

手術から八ヶ月

早いもので3月に手術を受けてからもう8ヶ月が過ぎてしまった
治りかけてきていたところへ夏というシーズンを迎え,最後の砦の肘の部分がなかなか治らず足踏み状態を続けていた
が先週の木曜日くらいから急に状態がよくなってきた
一度かさぶたがはってから傷口が格段に小さくなった
気温も下がって普段座布団やら羽布団の上に寝るようになったのも治る要因になったのかもしれない
軟膏を塗るのでかさぶたは出来たりはがれたりの繰り返しになるが確実に傷口は小さくなってきている

Byaa9xry 2007年11月12日
昨日の傷はこんな感じ
まだまだ毛が生えるほどの強い皮膚ではないけどとりあえずふさがってくれると嬉しい
傷みるたびに“皮膚の出自がわかるな”と先生に笑われるけど,脇の皮膚を切ってこっちにひっぱってきて移植したんだから当たり前の話し。腕に来たからといって毛が短くなるわけがない
傷口が開いてほぼ毎日のように獣医さんに通っていた頃のことを思えば驚くほどよくなった
がんばって治ってくれ^^

※この頃リュウのTシャツがよく脱げる
脱げるったって,両前足シャツにつっこんで簀巻き状態になるから始末が悪い
体重減ったせいもあるのかも

posted by hidekka at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと、もうあと一息リュウくん、体重が減ったのはダイエットの成果?だったら、肘ついて座るときにますます足に負担がかからなくなって治るのが早そう[E:smile]来年春先には、すっかり治るかもね。
Posted by グレープフルーツ at 2007年11月16日 19:45
ありがとう〜そうなの^^だいぶよくなってきたの今朝はかさぶたがしっかりはってもうちょっと傷口小さくなってた[E:smile]体重はね,特別ダイエットしてるわけと違うのよ術前からずーっと変わらない食事してるし…肘のこぶ取れてから勝手に体重が減ってきたのこぶが悪さしてたのかもしれないとりあえず体重減ってよかった(^^)このままうまくふさがってくれるのを願ってる[E:smile]早くTシャツ脱がしてやりたいしね^^
Posted by hidekka at 2007年11月17日 08:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック