2005年10月03日

動物の寿命

朝日新聞の日曜版Beにおもしろい記事が
「今更聞けない」動物の寿命 より
動物の最大寿命は大きさでおおよそ決まっているらしい。大きいほど長生きなのだそう。ゾウで70年,ハツカネズミで3年とあった。人間は大きさの割に長生きするんだそう
なぜ寿命があるかについては
遺伝子に老化がプログラムされているとか,細胞分裂のときにエラーが起こるとかいろいろあるらしい
その中で寿命と体重あたりのエネルギー消費の関係についてもよく言われるらしく…
哺乳動物は体が小さいほどたくさんエネルギーを消費する。活動の速度が大きいほど活性酸素が多くでき遺伝子を傷つけ,寿命が短くなるのだそう! 人間も省エネが長生き!?
いろいろ研究が進めば不老長寿も夢ではないかも…
不老長寿にもいろいろ意見はあろうが,なかなか興味深い
記事はこちら→
posted by hidekka at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そなんだぁー私こういうの興味あるので読んじゃった。[E:pc]でかいほど長生きなんですねー[E:cat]そういや猫のほうが人間よりあきらかに行動が速い[E:moon3]そっかーなんかおもしろいなー[E:shine][E:shine]神様はうまく理屈をつけて動物たちに命をふきこみはったんですねー[E:tulip]
Posted by 三条桜子 at 2005年10月04日 01:01
大きい方が心拍数も少ないらしいのよその方が長生きできるらしいのうまくできてるよね〜[E:smile]
Posted by hidekka at 2005年10月04日 08:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック