2020年02月01日

2020年2月のカレンダー

202002.jpg今月はこれで。
だいぶよい感じになってきた紅梅。

去年のを見てみたらやっぱり同じ紅梅を使ってた。
一年経ったらすっぱり忘れてるのやけどなぜか紅梅を使ってる。
被写体おらんようになってしまったし。
季節的にはちょうど梅の季節やしねぇ。
仕方ない。

ずるずる生暖かいまま過ぎるかと思っていた。
でも節分近づいたらやっぱり冬らしくなった。
今月も頑張りましょ。
タグ:カレンダー
posted by hidekka at 16:26| Comment(0) | カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年2月1日

20200201moning.jpg
今朝はあいにくの曇り空。
多分お日様出ていたであろう7時20分頃の東の空。
昨日から冬で(妙に暖かい日が続いてた)今日も寒空。
朝4.6度,16時過ぎの只今9.1度。
昨日よりはマシやけど寒い。
大概節分の頃にはめちゃ寒くなるしまあある意味例年通りなのかも。

話変わって…
昨晩メタボ氏から電話。
メールでなく電話ということはろくでもないことで。
出るのやめよかと思ったけど不承不承出たら…コンタクト割ってしまった…って。
母の戯言に付き合わされうんざりしていたところにこの電話。
ぶち切れた。
何でろくでもないことは続くのかねぇ。
外出許可とって本日午前中コンタクト作ってきた。
家族が付き添い必須なので私も同行。
疲れた2月の始まり。
ろくでもないことはすっぱり今日で終わってよいことがありますように~
posted by hidekka at 16:17| Comment(0) | ついたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帯揚げ誂え染め

20200131obiage_5.jpg
20200131obiage_1_1.jpg珍しい帯揚げの誂え染めを偶然見つけてしまって。
生地も気になって…反物は買えないけど帯揚げなら買えると。
鬼の居ぬ間の洗濯ならぬ衝動買い。
やってしまった。
20200131obiage_3.jpg去年誂え染めしたアイスグレーの色無地と淡い藤色ベースの袋帯に合わせようと。
色一生懸命探して印刷して送った。
できあがってきたのがこれ。
帯の藤色が結構主張して気になってたけどなんとかつなぎ役の色目にはなったかと。
この生地「松岡姫」という名前。
ややハリ感のあるしなやかな生地。
絹の光沢が美しく地紋が光によって浮かび上がりなかなかよい。
もう少し冷たい感じのベージュに染めて欲しかったけどややぬくもり感のあるベージュ色にできあがってきた。光源によって色味の出方が結構変わる。
薄目のシャンパンゴールド,あわせやすそうな色目にはなった。
色目見てがっかりはしたけどまあね。
あまり細かい指示出さなかったし仕方ない。
惜しむらくはこれが入れてあったたとう紙。
帯揚げ用のたとう紙も珍しくかわいらしかったけど…
切り貼りの一辺が剥がれてて残念やった。
高級な白生地を作っておられるところなのにわずかなほころび。
生地はよかったのにねぇ。
posted by hidekka at 00:05| Comment(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする