2015年06月26日

隙間好き

20150626uno

端っこや狭い隙間が好みのウーノ姫。
ウーノだけやなくリュウもそうやった。
ちょこっとの隙間に鼻や体を埋めて危なっかしくてしょうがない。

一週間でマシになるとも思ってないけど,雨の日はなんだか特に動きが鈍いような。
起き上がるとき足気をつけてよ。。。

posted by hidekka at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅映

20150626benisasi

梅干し第二弾,福井の梅“紅映”昨日到着。
ただいまざるに広げて追熟中。
今年は心持ち粒が少し大きめなような。気のせいかもしれんけど。

様子を見てもう少し黄色くなってから漬け込みの予定。
家の中フルーティーな梅の香りが充満しててちょっとむせかえりそう。漬け込みまでの我慢ね。

posted by hidekka at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の金曜日

20150626ajisai

20150626hana

今日は予報通り朝から雨。
どっちかというと出不精の私,引きこもりをきめたいところ。
けど悔しいかな,そういうときに限って用事がある。
チャリも使えないし,仕方なく歩いて用事を済ませたら…結局いつもと同じくらい歩いてた。
アルクのヘタでジーンズは自分のあげたハネでべしょべしょになるし…蒸し暑いし…雨の日の外出は大嫌い~

写真は琵琶公園のアジサイと西寺公園の雑草。
アジサイはどこもそろそろ終わり。
西寺公園すっかり花が少なくなったけど雑草のすきまにヒオウギが。
金魚色のこの花結構好きで,咲くのが楽しみ。

posted by hidekka at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

扇風機にあたるイヌ…

20150625uno

20150625uno2

今年はまだウーノ姫の夏の準備が出来てない。
扇風機だけは新しくなって上下・左右の3D首振りと音の静かさがすこぶるよろしい。
スイッチオンすると必ず前にでんと居座る誰かさん。
風も強すぎず心地よいらしくて。居心地のよい場所はぜったい外さない。

20150621senpuki

羽があるので心配したけど以外と大丈夫。
ダイソンみたいに軽くないしコンパクトでもない。最大風量もたぶんダイソンに負ける。けど細かい所に気配りがあるのがやっぱ国産。
3Dで首降らせても無音だし,羽回してるのにほとんど音がしないというこの静かさは何にも代えがたい。今年大活躍しそうな三菱の扇風機。
惜しむらくは土台のでかさ。もう少しコンパクトならねぇ…いうことなかったのに。。。 なかなか満点の品は出てこない。

posted by hidekka at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナデシコ

20150625nadesiko

最近あまりみなくなったけど確かこれがナデシコやったよねぇと。
色としてのピンクは嫌いやけど,この繊細な花は結構好み。
ちょこっと調べてみたらこ細かく深く切れ込みのはいったのをナデシコ(撫子)というみたい。
花びらが広くてこんな風に切れ込みが入ってないのはセキチク(石竹・唐撫子)だとか。花壇によく植えてあるけどやっぱこっちのナデシコがよいような。

大和撫子はもとはこの花の日本在来種をさす言葉らしい。
その花言葉は“可憐・貞節”だって~
ふーーーん……へぇぇ……

20150625green1

20150625green2

おまけのグリーン。
何だかわからない葉っぱ,遠目に見たらグリーンボール。
もう一個はこれから咲こうとしてる蕾。どんな花が出てくるのやら。。。

posted by hidekka at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

今日も暑い

20150624uno

しばらく私におつきあいして扇風機の前にいたけど…
午後からエアコンオンにしておいた奥の院に籠もりに行ったウーノ姫。
6月も末になってくるとさすがに蒸し暑くなってくる。
耐えがたい季節の始まりね。。。

posted by hidekka at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーポット

20150624cofepot

今まで無印で買ったガラスのポットを使ってた。わりと長持ちしてたけど,一昨日の朝洗ってる最中にシンクに底がぶつかってあっけなく割れてしまった。
底が割れてはもう全く使い物にならない。
あまり満足もしてなかったので近くの珈琲屋さんへ調達に。
ちょっと古めの商品やったけど形やら一応こだわりがあってこれを購入。

メリタの1.6リットルも入るデカボトル。
マグカップで飲むからこれでもわりとすぐになくなる。

なんかガラスのポットはいつまでもったかの防備録になりそうな……
とここで「防備録」がひっかかった。
どうしても「忘備録」と変換してくれない。
あれれ??で調べてみたら…私の大きな勘違い~
忘備録」は誤記で,「備忘録」が正解なのだわ~
いい年して間違えてた。
そりゃ律儀なATOK,変換してくれないわな(▽;)

posted by hidekka at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20150624hasu

東寺の蓮,ぼちぼち開花中。
今年もよく育ってていっぱい蕾がある。
近くで咲いてるのを探して何とか撮ってみた。
7月半ばぐらいが見頃かと。

20150624otahuku

今日は珍しい蒸気機関車みて少々訳わからなくなり…一周回りそこね。
あまりめぼしい物もなく写真もほぼ汽車のみ(▽;)

今日も蒸し暑い~

posted by hidekka at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

義経

20150624yositune

20150624yositune2

今日も出発がちょっと遅くなり,水族館の前歩いているあたりでいつものように汽笛が。
いつもと同じだろうと普通通りに歩いて行ったらこれが止まってた。
義経号のテスト走行だったようで。
すぐに動き出して慌てて撮ったのでうまく撮れてないのが残念。
なかなか美しい車体でちょっと感動。鉄ちゃんの気持ちが少しだけ分かるような気がした一瞬(^^;)

いつもはC56やC62なのだけど,テストしてたということは…これも走ることになるのかも。

posted by hidekka at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

ガブ

Wgubu2013

2013 ガブ/ルミエール
日本 山梨県 赤
税込 @1512円
透明な薄めの赤紫色。
日本のワインなのでアルコール度数は12%,やや軽め。
飲み口はやっぱりしっかり軽く名前みたいにがぶがぶ飲める。けど軽いなりに味わいもあるのがよい所。
タンニン・酸味がそこそこ主張してて飲み応えもある。
トータルとして軽快なワイン。
日本のワインはいつもがっかりすることが多いけど,これは奥出雲のワインに次いで美味しいと思った1本。
ボトル,色無しクリアの透明ガラス。
[E:wine]

以下お店の説明書きより
2013 GABU / LUMIERE
山梨県産マスカット・ベリーAを使用した、冷やして美味しいチャーミングな味わいが魅力的。
「がぶがぶ飲みたい」デイリー赤ワイン!
1885年創業の山梨を代表するワイナリー“ルミエール”。
「本物のワインを造るには本物のブドウを育てること」という受け継がれてきた理念を忠実に守り、自社の農園の開拓、醸造技術の向上を図るなどルミエール=光という名のごとく、ワイン文化に輝きを与える格式と風格あるワイン造りを続け、大正時代には宮内庁御用達となった由緒正しいワイナリーです。
醸造においては、2004年からビオディナミ農法(有機栽培の一種)を取り入れることにより、ワインの質をより高めています。
「最高品質」へのこだわりのもと生まれたワインは、国産ワインコンクール、Japan Wine Challengeといった国内のコンクールはもとより、国際ワインコンクールでも金賞を受賞するなど高い評価を獲得しています。
こちらは、山梨県産のブドウ、マスカット・ベリーAを使用した、大変飲み口がよく、スムーズな味わいの赤ワイン。
天候に恵まれた2013年らしい、綺麗な果実味の味わいが特徴で、木苺などのチャーミングで甘いベリーの香りを楽しめます。
料理を選ばず、また、暑い季節には、軽く冷やしても美味しく飲むことができ、是非常備しておきたいデイリー赤ワインです。
スクリューキャップのため屋外でも大変便利。
軽い飲み口ですので、お花見やキャンプなど行楽にも是非おすすめしたい一本です。
ブドウ品種:マスカット・ベリーA

posted by hidekka at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする