2015年06月30日

今日の一枚

20150630uno

7月のカレンダーのために今日はたくさん撮りまくった。
そのなかのまあマシな一枚。

カレンダーのためもあったけどK-7のフォーカスロックがうまく働いてなくて。それを試してたというのもある。
まあフォーカスロックぐらいきかなくてもまだ撮れてるからよしとしておかないと。
カメラはミシンの値段じゃ買えないし,とことん使わねば…と言い聞かせる私(^^;)

これからカレンダー作らねば~

posted by hidekka at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう月末~

20150630tyo1

20150630tyo2今日は30日。はつーかさんじゅうにち♪の日なので後で買い物なのだけど…もう今日で6月も終わり。
ウーノの通院やらこなしているうちにあっという間に半年過ぎた。
大したこともしてないのに時間だけはとっとと過ぎ去る。
それもこの頃かなり加速してるときてるからもう大変~[E:sweat01]

20150630himawari

なんかこの間年開けたばっかりのような気がするけどもう夏だもんね。だらだらと日々過ごしてるうちにあっという間に年取ってしまう。
いやほんまに大変~(▽;)

なんか年取るとなんでもやることに時間がかかるようになるからやたら早く時が過ぎ去るのだとか聞いたことがある。そうかも。。。

ま年寄りは嘆いいても仕方ない。嫌でも年は取るのだし。
なんとか生きてられるだけでも御の字としなくては(苦笑)
今日は昼頃新幹線で焼身自殺騒ぎがあったらしいし,箱根山の警戒数値が1個あげられたとかいろいろニュースがあった。
私のニュースは大してなく…40年以上使ったミシンをいよいよ新しくしようかというぐらい。
まだ縫えるけど糸通しがかなり厳しくなってきた。メガネかけてみえても結構しんどい。糸通しという難関だけで縫い物から遠ざかってしまう。
それに40年以上前のミシンはかなり重量級で。その当時としては画期的だったのだろうけどもう年寄りの手には大変な代物になってきた。
ちょっと前から物色してるのが期間限定のセールで2000円ほどお得。
たぶん買うつもり。自動糸通し便利やろなぁ……

posted by hidekka at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

今日の一枚

20150629uno

通院で待ち時間も長く疲れたのか…
昨日診察室では滑ってこけまくったり,帰宅後は後ろ足ふらふらで。かなり心配したけどなんとか悪化は免れた。

今日はそこそこ立ち上がれる程度は保っててそうこけることもないのでちょっと一安心。
こっちの心配よそにウーノ姫は普通に暮らしてるのが救いではある。

前足不自由な上に後ろ足やられてしまったらもう目も当てられないもんね。
なんとか今の状態キープ出来ますように。
ひどくならないうちにとしつこくいってるのになかなか前進してもらえないのもつらい所。

ゆるゆるがんばろうねぇ…

posted by hidekka at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルトス・イベリコス・クリアンサ

Wtorres_iberico2011

2011 アルトス・イベリコス・クリアンサ トーレス
スペイン/リオハ 赤
税込 @1900円
これはたぶん始めて購入。
私の好きなテンプラニーリョ種のワイン。
やや濃いめの澄んだ赤紫色。
飲み口まろやか,後からほどよいタンニンや酸味が出てくる。
とてもバランスよく凝縮感もありおいしい1本。
コストパフォーマンスかなりよい。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
2011 ALTOS IBERICOS CRIANZA / TORRES
スペインワインを牽引する名生産者、トーレス。
国内屈指の銘醸地リオハのテンプラニーリョで造る、丸みを帯びた豊かな果実味とチャーミングな味わいが魅力の赤ワイン。
こちらのアルトス・イベリコス・クリアンサは、スペイン北部リオハで造られる赤ワイン。
リオハは遥か昔からワイン生産がおこなわれ、1991年、スペイン国内で最初に特選原産地呼称(DOC)に認められた、スペイン随一のワインの銘醸地です。
こちらのワインに用いられるテンプラニーリョは、このリオハが名産地のスペインを代表する赤ワイン用ブドウ品種。
テンプラニーリョとは「早熟」を意味し、その名の通り成熟が早い品種。
非常に繊細で香り高く、タンニンや酸も豊かなため長期熟成にも耐えられます。
こういった特徴から、スペイン各地で様々な名称で呼ばれ、多くの高級ワインの原料として愛されています。
手摘みで収穫されたブドウは、適切な温度管理のもと、ステンレスタンクを用いて発酵。
アメリカンオーク50%、フレンチオーク50%の割合で用い、新樽は年に応じて部分的に使用しながら12か月熟成します。
熟成期間によって名づけられる名称が異なるスペインワインにおいて、「クリアンサ」と名乗るには、最低24ヶ月以上の熟成期間が必要。
そこで、残りの12か月間、瓶内熟成を経てはじめてリリースされます。
2010年、「The Dallas Morning News and Texsom 2013」にて金メダルを受賞、2008年はワインアドヴォケイト(パーカーポイント)誌にて89点を獲得
するという、この価格帯のワインとして非常に高い評価を得ました。
ブラックチェリーのような濃い赤色で、熟したブラックべりーやブルーベリー、ヴァニラやナッツ、シナモンなどの深いアロマ。
口に含むと黒系果実の凝縮した果実味に、樽由来のスパイスのニュアンス。
熟した甘味が、酸と滑らかなタンニンを包み込むようにして続きます。
そして、果実の旨みをしっかりと感じる長い余韻。凝縮感がありながら、丸みのある味わいとアクセントのオーク樽由来のスパイスのニュアンスが心地よく、全ての要素が調和した上質な雰囲気も感じます。
イベリア半島の名産である生ハムと合わせて楽しめますが、最も相性が良いのはシンプルにグリルした牛肉や豚肉などの肉料理。
ジューシーな果実味と適度にスパイシーなニュアンスがお肉の旨みや脂と絶妙なハーモニーを生み出します。
タパスやパエリヤ、アヒージョなどのお料理とも合い、「これぞスペインワイン!」とも言えるような、どんなお料理でも合わせやすい懐の深さが魅力。
どんなシーンでも気軽に楽しめるチャーミングな味わいです。
ブドウ品種:テンプラニーリョ 100%

posted by hidekka at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トンボ

20150629tonbo

今日ウォーキング中にふらふらっと飛んできたトンボ。
そーっと寄って何とか撮らせてもらえた。
この黄色いシマシマのはなんという名前なのか知らないけどとりあえずトンボ。
これだけじっとしててもらえたのは奇跡に近い。
逃げられたら元も子もないので我慢したけど…なんとなくもっと寄れそうな雰囲気だった。
この頃あまりみなくなったのもちょっと寂しい気がする。

20150629hana

20150629hana2

20150629hana3

20150629hana4

トンボ以外はいつもの花。
左のオレンジ色のが新顔さん。
名前知らず。つる性みたいで針金アーチに絡まって育とうとしてた。
右の白井の二つは使用後・前みたいやけど花の大きさは全く違う。
この幾何学的に並んだシベと丸さに惹かれて。

朝は久しぶりに20度切って18度台。涼しかった~
今はしっかり蒸し暑い。

うちのアイ,エアバッグのリコール引っかかってないわと思っていたら…メーカーさんからリコールの通知が届いた。どうもアカンかったようで。
部品がちゃんと調達出来るまでの暫定処理をするそうな。
次の土曜日に入庫。

posted by hidekka at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

紅映漬け込み

20150628benisasi

今日ウーノ姫診察予約は12時。
午前中に何とか出来そうだったので追熟した紅映の漬け込み。
急げば何とかなるもんで小一時間で終了した。
梅酢が上がるまではちょっと気が抜けないけどこれで今年の梅干し準備完了。

posted by hidekka at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日もお昼はコンビニサンド

20150628sand

ウーノ姫の診察が終わったの1時半過ぎで…
どうしようもないから獣医さん近くのローソンで御用達。
またサンドイッチ。
残ってたパック全部かっさらってきた(^^;)
家にたどり着いてからの食事で,食べ終わったの3時前。
お昼食べてるのだかおやつタイムなのかよく分からん食事時間~
来週の予約は12時30分だし…次は早めに簡単に済ませてから出ることに。
ウーノも足よれよれになるし…人間もしんどい。
通院も楽じゃない……

posted by hidekka at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日通院日

20150628uno

今日は2回目の注射の日。
この頃なんでかいくたんびに獣医さん混んでて,たった1本の注射のために1時間ほど待った。。。
どこまで効果が出るか分からないけどとりあえずは4クール。あと2回は通わないといけない。ウーノも人間も大変~
なんかの効果は出ますように…

本日の料金
診察料 1500
注射料 1700
合計 3200
消費税込み合計 3450円

posted by hidekka at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ペットへるすいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

アトリウム

Wtorres_atrium2010

2010 アトリウム・メルロ トーレス
スペイン カタルーニャ 赤
税込 @2160円
やや濃いめの赤紫色。
タンニン・酸味のバランス良く,うまみや甘みが心地よい。
凝縮感もありとても味わい深いワイン。
おいしいメルロ。
ラベルは初めて見たけど大昔確か飲んでたはずと思ったら2006年(→)に飲んでいた。久しぶりのリピートになる。ラベルもちょっとスタイリッシュになったかと。
コストパフォーマンスとてもよい1本。おすすめワイン。

以下 お店の説明書きより
2010 ATRIUM MERLOT / TORRES
スペインワインを牽引する名生産者、トーレス。
自社畑メルロ100%を使用した、香り高いアロマのシンフォニーを楽しむ赤ワイン。
こちらのアトリウム・メルロは、ペネデスの中腹部にある自社畑メルロ100%を使用した香り豊かな赤ワイン。
モーツァルトの「魔笛」び楽譜が用いらた印象的なラベルも魅力。
抜栓直後からラズベリージャムや甘いタンニンが香り、最初に造られた1989年以来、香り高いアロマのシンフォニーを楽しむための1本とされています。
ダークチェリー色の外観。プラム、ラズベリーの熟した果実の甘いアロマに、トリュフやローリエのニュアンスが綺麗に加わります。
ミディアムボディーの飲み口で、甘みのあるタンニンはアロマと完璧な調和をなし、魅力的な味わいが口の中に広がります
15℃~16℃の飲み頃温度に達すると、バニラやなめし革の香りが開き、より複雑味のある余韻を楽しむことができます。
ソーセージや、どのお肉とも相性が良く、食後のチーズまで合わせられる構成力に優れた赤ワインです。
評価:インターナショナル・ワインチャレンジにてシルバーメダルを獲得

posted by hidekka at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日給油

20150627gus

ウーノ姫のシャンプーやら通院の都合やらいろいろでちょっと遠出が続き本日給油。
この前の給油(→)から三週間で5円の値上がり~!
プリカ価格でリッター133円だったのが138円。
たった三週間の間にぐぐっと上がった。。。
ショックかも…
必要なものケチるわけにもいかないのがこれまたつらい所。

今回の燃費,市内走行のみでリッター9.3。
エアコンやら使うようになったら燃費落ちてきた。。。

posted by hidekka at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする