2015年03月13日

今日の一枚

20150313uno

なんか1枚ぐらいはマシなのを…とずーっとカメラ向けてたら…
今日はブー。
だんだん不機嫌になってきて,もうやめてーなといわんばっかりの仏頂面に。
このあとふてて寝てしまったウーノ姫。

足は悪くなったけど今うちで一番元気かも。
去年の今頃子宮蓄膿症の症状が出始めてしんどそうにしてたのがウソみたい。
元気になって良かったねぇ。。

posted by hidekka at 12:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな肉厚

20150313hana

なんか苔みたいなとても小さな植物。
紅葉したような葉の間から新緑が出てきてて。
ちっちゃな葉っぱ(?)の丸い厚みが何となく気に入って。
前はもっとびっしり生えてたような気がするのだけどずいぶん少なくなってた。
確かちっちゃい花が咲いたような気がするし…またここ通ってみなければ。

20150313hana_y

20150313tubaki

20150313ume

今日30分ほど寝坊してしまって…
その寝坊を取り返そうとがんばったつもりがなんでかいつもより滅茶暇食ってしまって…
ウォーキングに出るのが遅くなってしまった。
リュウの散歩コース歩いて…5500歩ほど。
歩き方で歩数がずいぶん変わることに今頃気づいた私。。

起きたとき1度。
いま風は強いけど晴れ。だいぶ暖かくてちょっと鼻が鬱陶しい…

posted by hidekka at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソ・ア・パソ

Wpasoapaso_cs2013

2013 カベルネ・ソーヴィニヨン/パソ・ア・パソ 赤
税込 @1620 円
やや濃いめの赤紫色。
飲み口ややタンニンが強め。後から酸味が追いかけてくる。
どちらも強すぎず適度な飲み応えになってる。
まったり感もあっておいしいカベルネ。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
2013 CABERNET SAUVIGNON (SCREW CAP) / PASO A PASO
「一歩ずつ着実に前進したい」との願いが込められたワイン。
アルゼンチンで造られる、凝縮した果実味が魅力のカベルネ・ソーヴィニヨン。
“PASO A PASO”パソ・ア・パソとは、スペイン語で「一歩一歩」という意味。
「ブドウの成長も人生同様、一歩ずつ着実に前進したい」、という願いをこめて名づけられ、ラベルにも一歩一歩前進する足跡がデザインされています。
このワインが造られるアルゼンチンは標高が高く、昼夜の気温差により色濃く完熟したブドウが育ちます。
加えてアンデス山脈からの風の影響でブドウは乾燥し、1年を通して病害虫や腐敗の心配がありません。
つまり殺虫剤や除草剤が必要ないため、オーガニックでナチュラルなワインを造ることができるという訳です。
「パソ・ア・パソ カベルネ・ソーヴィニヨン」は、アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスから西へ1000km、アルゼンチン最高の銘醸地であるメンドーサ州の中でも有名な産地のひとつルハン・デ・クージョ地区の樹齢15?30年のカベルネ・ソーヴィニヨン100%で造られています。
こちらのワインは、活き活きとした鮮やかなルビーレッド。
熟したプラムやブラックベリー、カシス、ストロベリーなどの赤・黒系果実の凝縮したアロマ。しっかりとした骨格とバランスの取れた渋みが心地よい、余韻の長い1本です。
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%

posted by hidekka at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする