2015年02月20日

パペガーイ・レッド・ブレンド

Wpapegaai2012

パペガーイ・レッド・ブレンド 2012 バーデンホースト・ファミリー・ワイン
南アフリカ 赤
税込 @1944円
やや薄めの赤紫色。
飲み口まずタンニンが来るけどそうきつくない。あとから酸味が来る感じ。
軽快だけど味わいそこそこしっかりある。バランスまあまあよくて飲みやすいワイン。
このラベルについてはコメント書いてなかったけど,結構印象的。なんか滅茶気になって“papegaai”を調べてみたら…オランダ語(!)でオウム・インコの意味だそうな。ふーーんとまずは納得したけどなんでオウムやの???
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
Papegaai Red Blend 2012 A.A. Badenhorst Family Wines
生産者:バーデンホースト・ ファミリー・ワイン A.A. Badenhorst Family Wines
地域:南アフリカ / スワートランド South Africa / Swartland
産地:W.O.スワートランド W.O.Swartland
輸入元:ワイナリー和泉屋
葡萄品種:シラーズ サンソー グルナッシュ ムールヴェードル カベルネ・ソーヴィニヨン
おすすめグラス:大振り ブルゴーニュタイプ
アルコール度数:12.6%
サーヴィス温度:13℃~
味わい:ライト 1 2 3 4 5 6 ★ 8 9 10 フル
備考:パールデバーグ山北部に位置する自社畑カルモースフォンテンが大部分。一部は農家から良質のブドウ を購入。いずれも花崗岩質のドライファーミング(灌漑を施さない)のゴブレ仕立ての畑。手摘み収穫後、一晩冷蔵。味わいやストラクチャーが溶け込むよう全ての品種を一緒に発酵。(発酵中ルモンタージュ1日に2回)。プレス後、古樽(500~4,500Lの様々な容量)で15か月熟成。軽くフィルターし瓶詰め
生産本数:5000本
テイスティングコメント:比較的冷涼で、冬により雨が多く降り、収穫のタイミングが最も遅れた年の1つ。結果、他ビンテージと比べてわずかにストラクチャーやタンニンが弱めで、逆に香味が豊かな年。 主体のシラーズとサンソーの調和。存在感が大きく、スパイシーでタンニンが強いシラーズと、軽やかで味わい豊かなサンソーが素晴らしく調和し、飲み心地の良さをもたらす。

posted by hidekka at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日もまた大あくび

20150220uno

カメラ向けられるたび毎日大あくび。
今日はまた真っ最中のところが偶然撮れたので。
なかなかすごい表情。
瞬間は笑える。

posted by hidekka at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロッカス

20150220crocus

去年ほぼ抜き去られてしまっていたから今年はもうみられないかと思ってた。
真っ黄色のクロッカス。
秋に別のところで紫色のをみたのだけど撮れる場所になかった。
これはいつもの隠れ花壇で。
2輪ほどだけど綺麗に咲いてて。
春待ちの黄色は元気の色。なかなかよろしい。

20150220suisen

20150220hakubai

※どうもリフォーム終わって気が抜けたらしい。
メタボ氏送り出したあとさっさと用事が済ませられなくて…ここ二日ほどウォーキングになかなか出られない。
今日もぎりぎり6000歩。まあlifelogのデータも参考程度であんまり当てにもならんけど…もう少しがんばらないと~
明日弘法さん。嫌がるヤツ歩かせようか……※

posted by hidekka at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする