2013年05月31日

トリゴボウ

201305831torigobo テレビで見て以来我が家の定番になってしまったトリゴボウ。
毎回手羽元は一回分でゴボウをたっぷり。残ったゴボウはお弁当のすきま埋めとして冷凍庫へ入っていただく。そのゴボウがなくなったので作った。

あく抜き不要。味付けは出汁醤油とかめんつゆとか使ってもいいし,自分流でもOKだし…切って煮るだけの手軽さが一番。
便利なおかず。

posted by hidekka at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かたくなな横顔

20130531uno
今日で五月も終わり。
次のカレンダー用にとカメラ向けたけど…
頑としてカメラの方向いてくれない。
強情なヤツ。。

posted by hidekka at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20130531mi
たしか黄色い花が咲いてたと思うこの草。
真っ赤な実がたくさん出来ていた。
結構きれいな丸で…つい撮っちゃった。
目にも鮮やかな赤い実。
食べられるのか?なんて(たぶんダメでしょうけど)。
20130531hana 今日はよく晴れて朝はちょっとひんやり。
昨日と打って変わって空気も乾いてる。
そして…ご近所の解体工事が終わったらしいことは何よりありがたい!
今日は静かだわ~

posted by hidekka at 11:54| Comment(2) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

キンシバイ

20130530kinsibai_1
20130530kinsibai_2 何日かぶりの梅小路公園。
キンシバイがやっと開花してきてた。
未明の激しい雨のせいかどの花もうなだれ気味。
でも濁りのないこの黄色はとても目だって美しい。
20130530kamo もう一個梅小路で発見が。
カモが孵ってた。
孵って間がないと思われるのに,もうすでにたった1羽しか残ってないらしく…ここでの生存は厳しい。

20130530zasso 気温は大したことないのに湿気が多いせいかかなり鬱陶しい天気。
ご近所空き家になった家を壊してる最中で…騒音が結構すごく…
新幹線高架下の草刈りまであって…
うっとうしさに輪をかけてる。
草刈りは午前中で終わったけど…
家の解体はまだ終わりそうもなく……
こたえる騒音。。。

posted by hidekka at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

切り干し大根の煮物

20130529kribosi 昨夜の一品ではあるのだけど,作り置きのお総菜。
一気に作って残りは冷凍。
お弁当のすきま埋めの在庫が少なくなってきたので作った。
冷蔵庫にあり合わせの豚肉の残りとちくわ,油揚げを入れて。
出汁だけはちゃんと取った。

切り干しは黒ぼくだいこんの。
この切り干しもお気に入りなのだけど…これで在庫はおしまい。
次のシーズンまでおあずけになる。
ザンネン。

posted by hidekka at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタ・クリスティーナ・ロッソ

Wscrisrina2011 2011 サンタ・クリスティーナ・ロッソ/ サンタ・クリスティーナ(アンティノリ)
イタリア トスカーナ/赤
税込 @1680円
飲み口やや酸味が強め。
タンニンは後から。
けど全体のバランス・味わいはそこそこよい。
軽すぎず飲みやすいワインかと思う。
スクリューキャップ。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
2011 SANTA CRISTINA ROSSO / SANTA CRISTINA(ANTINORI)
名門アンティノリ社のベーシックライン60年以上愛されるロングセラー、サンタ・クリスティーナの赤ワイン!
アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカーです。
その歴史は1385年、ジョバンニ=ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワインギルドに加盟したことに始まります。
それから数世紀を経た現在、この世界的な名門は、トスカーナ州キャンティ・クラシコ地区を中心とした数多くのブドウ園、そしてウンブリア州のカステッロ・デラ・サラを所有しています。
さらに1989年にはピエモンテ州のプルノットも所有するなどし、上質なワインを世に送り出し続けています。
また、アンティノリはスーパータスカンの生みの親でもあります。
1970年代に現当主であるピエロ・アンティノリが、イタリアの代表品種サンジョヴェーゼと
フランスからの外来品種カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドし、ティニャネロとソライアを誕生させました。
当初イタリア国内では伝統品種に外来品種を合わせたことで異端視され、厳しい評価を受けました。
また当時カベルネ・ソーヴィニヨンは、DOCなどの原産地呼称ワインに使用することが認められていなかったことから、原産地呼称も認められず「ヴィノ・ダ・ターヴォラ(テーブルワイン)」
としてしか販売を許されませんでした。
しかし、やがて国外で評価が高まって高値で取引されるようになり、ソライアはサッシカイア、オルネライアと共に3大スーパータスカンと呼ばれるようになりました。
アンティノリは、今ではイタリアを代表するワイナリーとしての地位を不動のものとしています。
サンタ・クリスティーナは1946年のリリース以来、「イタリア人は誰もが一度は耳にしたことがある」というほど著名なワインの一つであり、イタリアのワイン市場を牽引する存在であり続けています。
現在も、創業当時と変わらぬ「土地とのつながりに感謝する」というシンプルな哲学を守り、土壌、畑、そして人の手仕事を大切にしながら、革新し続けています。
フレッシュな果実の味わいを生かした、トスカーナらしいチャーミングな味わいで、イタリアのみならず、世界中のワインラヴァーから愛されています。
明るいルビー色、チェリーやラズベリーなどのフレッシュな赤系果実の味わいが心地良く、果実味、酸、タンニンのバランスが良いソフトな印象。
余韻にはしなやかなタンニンが感じられ、果実の味わいが長く続きます。
イタリアワインらしいチャーミングなスタイルで、バランスを重視した飲み心地のよい1本です。
品種:サンジョヴェーゼ 60%、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、シラー 40%

posted by hidekka at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花が終われば…

20130529nigera
先日名前を教えてもらった“ニゲラ”。
花が終わってしまえばこういう状態になる。
花もインパクトあるけど種(?)もインパクト大きい。
黒い種がこの中に出来てるらしい。
クロタネソウ(黒種草)という名前の由来だとか。
ニゲラは黒いという意味のラテン語からだって。
名前にもそれなりに意味がある。面白い植物。
いろいろちょこっと賢くなったけど…すぐ忘れる(^^;)
20130529omoto そしてもう一個オモト(万年青)。
花がもっと開くのかとか興味あったのでまた見に行ってみた。
多少色は黄色みを帯びてきてたけど…今のところこれ以上花が開く気配なし。変わった花ではある。
20130529ajisai_1 20130529ajisai_2 梅雨入りしたのならやっぱアジサイも…と撮ったけど…
私のウォーキングコースのアジサイはまだ咲き始め。
どんどん色が変わっていくのをみてるのもまた面白い。

ところで梅雨入り・梅雨明け。
なんか明確な基準でもあるのかと思ったら…これって基準はないのだそう。
前線が停滞して雨や曇りの日が一週間ほど続くようになったら入梅。
梅雨明けは晴れの日が続くようになったらだって。
適当なもんなら梅雨入り・梅雨明け宣言なんてやめてもよかろうに…なんて思う私はへそ曲がりか。。

posted by hidekka at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

梅雨空の火曜日

20130528hana
雨がショボショボ降ったりやんだり。
早くも“梅雨”という感じのお天気。
鬱陶しかったからど派手な黄色の花で元気をいただこうと。
毎年公園に咲いてる。当然名前は知らない花。
20130528ajisai 20130528hana2 20130528hana3
ほか買い物ついでのウォーキング途中に咲いてた花など。
梅雨空なんて書いてたら…近畿地方梅雨入りだって~
ちょっと嫌な季節の始まり。

※昨日腰の筋肉がちょこっとつりそうになって,すこしの“いたた…”でそのときは終わった。
ただ,そのままマシにならないのが年寄りのつらい所。
今日まで痛みは残ってる。
普通に動けるのだけどなんかの弾みでいたたが出る。
ストレッチもいつも通り出来るのに…どうも同じ姿勢が続くといたたが出るみたい。
一難去ってまた一難。難儀やねぇ。。。※

posted by hidekka at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

シャトー・ペイ・ド・ポン

Wpeypon2002 2002 シャトー・ペイ・ド・ポン/メドック
CH.PEY DE PONT/MEDOC
フランス ボルドー 赤 
通常価格:税込1,365円
パーティーパックのセット購入。1本あたり税込1050円。
透明な赤紫色。
色味はそう濃くないけど味はしっかりしてる。
タンニンが強め。
飲み応えのあるワイン。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
シャトー・ペイ・ド・ポンは、サン・テステフの北西、大西洋により近いシヴラック・アン・メドック地区にある、クリュ・ブルジョワ格付けに位置づけられるシャトーです。開けたてからコーヒーや黒系果実のアロマが広がります。優しく柔らかな口当たりで、果実味はしっかりとしており、リッチなタンニンが魅力的です。

posted by hidekka at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さやえんどう

20130527sayaendo さやえんどうと言っても野菜のじゃなくカルビーのスナック菓子。
昨日買い物に行ったとき誰がさんじーっと見つめてたし,買えばといったらすぐにかごの中へ。
エンドウの味は確かにするし,サヤの繊維っぽい感じがなんか不思議な食感。
おもしろいなぁ…といいつつ一袋完食してしまうところ。かろうじて少し残した(^^;)
おいしかった。

posted by hidekka at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする