2013年01月31日

今日もいたずらを…

20130131uno
最近昼前になるとテーブル(椅子じゃないから低くウーノでも届く)の上の物を盗っては破壊するといういたずらが続いてる。
大概はしょうもないDMハガキとかほかし忘れたティッシュでとりたててどうということはないのだけど…今日は違った。
やけに熱心やし音が変だわ…とふと口元見れば私の目薬が~
アイケアのボトルを一生懸命噛んでいた。
幸いというかなんというか歯形がついただけで済んだけど,ウーノの唾液がついたもの洗い流しても何となく使用をためらう。。
まったくもう…かまって欲しいのならもうちょっと訴える手段を考えろ!といいたい。
どっかねじ曲がっておるわ……

ところで今日は月末。
早いもんでもう一月も終わり。
朝からカメラもって追っかけたけど撮影はあえなく失敗。
上の写真みたいに仏頂面しか撮れなかった。
カレンダー作らんとアカンのに~
写真がない。。。

posted by hidekka at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エボ

Webo2009 2009 エボ / ペトラ
イタリア トスカーナ 赤
通常価格 税込@3150円(たぶん)
好きなのを6本選べるセット9900円で購入したうちの1本。
2008年のが3000円もしてたからちょっとびっくりしたけど…
3000円はちょっとお高すぎるかと。
酸味・タンニンのバランスはよいしまあまあ美味しいのだけど…なんかふぬけた感じで。
値段に期待して飲むと肩すかし食わされた気分になるかも。
すこし甘みもあり口当たりは軽い。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
2009 EBO / PETRA
トスカーナらしくサンジョヴェーゼを用い、エイジングには伝統的なスロヴェニアオークを用いたキュヴェ。(ただしその過程の一部でフランスのバリックも用いています。)
チェリー、ブルーベリーといった赤・紫色の果実の濃厚な香り、ほのかな木のニュアンス、ユーカリや植物の香りが鮮やかに続きます。
口当たりは非常に滑らかで、酸とタンニンの調和が素晴らしく、アフターはフレッシュでドライフルーツを思わせる余韻が長く残ります。 ペトラのラインナップの中で一番トスカーナらしい1本。
[サンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン]
エボのラベルには天のアートが描かれています。中央には一週間の日数を思わせる7重の輪があり、それを月の満ち欠けを表す8つの天体が取り囲んでいます。さらにラベル全体には12本の交差する線が描かれており、これは一年間の1月~12月を表しています。

posted by hidekka at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイセン

20130131suisen
今日はなんとなくぐずぐずしてるうちに荷物が次々届き…ウォーキングに出るのが遅くなっちゃった。
仕方ないからリュウの散歩のコースでいつもより短め。
でも羅城門のちび公園で一輪だけ咲いてたスイセン発見。
何となく嬉しくなっちゃった。単純な私。
20130131hana_y 20130131ajisai あとは何とかデイジーと思われる花と…
近所で見つけた究極のドライ?
たぶんアジサイと思うけど…繊維だけ残ってた。
こんな風になるもんなのね。

今朝はちょっと冷え込んで起きたときの気温1度。寒かった~
朝のうち寒かったけど今は穏やかな快晴。
暖かくなるらしい。

posted by hidekka at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

曇りの水曜日

20130130matu
今朝,大宮通の路上温度計5度。
何日か前の最高気温より暖かい。
なんだか2月末から3月にかけてくらいの気候になるようで…
寒暖差の激しいこと。
20130130biola_y 20130130biola 今日はATMまわり。
忘れないうちに車検費用を出しに行ってきた。
RX7爺さま諸費用だけで8万近く。
長いこと大事に乗ってるのになんやかや高くつく項目があるみたいで…嫌になるねぇ。。

※今日はなんだか雲が多くて鬱陶しい。
ただ気温が高めなのは楽ちんなウォーキング。
あちこち歩き回って6000歩ちょっと。思ったより歩数上がってた。※

posted by hidekka at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

寒さ緩む

20130129lavender
今朝はやっと氷点下から脱出。
今日から週末にかけては穏やかな天気になるのだそうな。
ほっと一息。
寒波きつかったけど…北海道の一番寒い所じゃマイナス7度でも暖かい方だというから比べものにもならんのでしょうが。
ま,寒いものは寒いし。。
すきま風吹き抜けるデスクトップのまわりも少々マシになると思うとかなり嬉しい。
もう余り寒くなりませんように~

※今日はメタボ氏RX7爺さまに乗っていった。
ABSの警告ランプもつかなかったし,今度の土日までなんとかもってくれるとありがたい。
人間も機械も年数たつとへたるねぇ……※

posted by hidekka at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

お好み焼き

20130128okonomi 昨日ホンマに寒くて,ホットプレートのぬくもりが欲しくてお好み焼きにした。
リクエストがあって焼きそば入り。
味はいつもと一緒やけど…
ホットプレート出してるとホンマに暖かくて~!
プレートが冷めるまでぬくもりの恩恵にあずかった。

夏場は暑くて出すのも嫌やけど寒いときこういうのはホンマによろしい。

posted by hidekka at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000GTボディ

20130127gt2000body 昨日届いた。
いつもは薄っぺらい箱なんだけどでっかい箱でそこそこ重かった。
何かと思えば,2000GTのボディ到着。
1/10スケールなので長さ40センチぐらいある。
これでそこそこ形になるのかと思いきやそうでも無いらしい。
作業は全く進んでないのでこの写真だけ。

ロボゼロも今のところ放置状態。
Inspiron6400で動かそうとしたらホームポジションがおかしい。配線ミスかも…なんていってた。時間もとれずで今のところ手をつけてないらしい。2000GTは部品さえ届けば完成するけど,ロボゼロの先は長そう……

posted by hidekka at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | マニアック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も寒い

20130128sazanka
昨夜雪マークがついていたからまたかなり心配したけど…
結局屋根がうっすら白くなっていて一部歩道のあたりや細い道にうっすらと白い覆いが出来たぐらいで済んだ。
メタボ氏が出社する頃はもう大丈夫そうだったけど念のためアイを貸してやった。
積雪は無かったけど寒さ厳しく…午前中ウォーキングしてる間も小雪が舞ってた。
このきつい寒波明日ぐらいからようやく緩むらしい。
一息つけそう。

20130128kobai 20130128cat 雪もちらついていたせいか今日は公園に人気が少なく…ネコさんが寒そうに枯れ草の影にいた。
ただ…紅梅が一輪開花してるの発見。
春の兆し?だといいけど。

posted by hidekka at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

今朝のウーノ

20130127uno
朝の景色撮ったついでにウーノも。
今日は頑としてカメラ目線になってくれなかった。
ザンネン!!

posted by hidekka at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エナーテ・クリアンサ

Wenate2006 2006 エナーテ・クリアンサ / エナーテ
スペイン ソモンターノ 赤
よりどり6本8400円で購入したうちの1本。
通常価格 税込@1890円。
タンニン・酸味どちらも穏やかで口当たりよく,味わいもしっかり。とても美味しいワインだった。
通常価格でもコストパフォーマンスかなりよいかと思う。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
2006 ENATE CRIANZA / ENATE
世界中のシェフが夢中になるモダン・スパニッシュ!
親しみやすい、ホルドースタイルのワイン界で最も予約の取りにくいレストランとして名を馳せながら、惜しまれつつも昨年、閉店した「エル・ブリ」。
そのエル・ブリのワインリストにも載っていたのが、この「エナーテ」のワインです。
エナーテのワインは、エル・ブリをはじめ、スペインの数々のミシュラン星付きレストランに置かれているのみならず、スペイン国外の有名ホテルやレストランでも出会うことができます。
エナーテ社はソモンターノ地方のワイン造りをリードし、その名を世界の表舞台に知らしめたワイナリー。ワインはどれも、印象的で美しいアートラベルに身を包み、それが女性に人気の秘密でもあります。
このクリアンサは、スペインの代表品種テンプラニーリョ70%とカベルネ・ソーヴィニヨン30%をブレンド。濃縮感のある色調、バニラやシナモン等のスパイスの香り、豊かな果実味と滑らかなタンニン。ストラクチャーが非常にしっかりとしたボルドースタイルのワインです。
かつて、著名なワイン評論家ヒュー・ジョンソンをも唸らせた、エナーテ社の自信作。

posted by hidekka at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする