2012年03月16日

ムートン・カデ

Wmoutongadet2008_2 ムートン・カデ・ルージュ 記念ラベル
フランス/ボルドー 赤
税込 @1890円(通常価格)
パーティパック9の最後の1本。購入価格1050円。
タンニンやや強め。
だけど口当たりは柔らかく割と軽め。
飲みやすいワイン。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
ムートン・カデは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの精神を受け継ぐ、ムートン直系のブランドワインです。
その始まりは遡ること80年前。
1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン、ムートン・カデが誕生しました。
この判断を下したのは、シャトー・ムートン・ロスチャイルドに 様々な革新をもたらしたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の末っ子(カデ)であったことと、ムートン直系のワインという意味を込めて、『ムートン・カデ』と名付けられました。
以来、一貫して高いクオリティと時代に合った美味しさを追求。今日では150ヶ国以上で販売され、『世界で一番愛されているボルドーワイン※』となっています。(※2006年CIVB、IPSOS、2009年GFK調べ)
ルージュは、なめらかで豊かなボディに心地よく調和のとれた親しみやすい味わいが印象的。カシス、プラム、ブルーベリーのアロマにハーブ、バニラのヒント。 牛ヒレ肉の赤ワインソース、ラムチョップのハーブ焼などと。
[ メルロ65%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、カベルネ・フラン15%]

posted by hidekka at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムスカリ

20120316musukari
近所で咲き出したムスカリ。
花の主はお亡くなりになってしまったけど季節になればしっかり芽を出してくる。
日当たりのよい所のはもっと開いていたけど侵入出来ず。
どっかにないかと探したら隅っこにちょこんとこの2本が顔出してた。
取り込んでしげしげ見れば妙に幾何学的なこの形。ちょこっとひかれる。

毎度おなじみの今咲いてる花たち。
20120316nanohana 20120316hakubai 20120316kawaduzakura
いったん真冬に戻ったお陰か梅も思いの外長くもってる。
河津桜は満開に向けて進行中。

薄曇りで風が冷たかった今日。

posted by hidekka at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする