2011年10月02日

庭木

うちには庭木なんてないけど…
母上んちにはあった。

全く気がついてなかったけど裏の家の方が苦情を言ってこられて初めて気がついた。
そんなジャマになる木なんかあったっけ…と昨日午後から見に行ってみれば…
ネコの額ほどの裏庭にたった1本だけあったなんだかわからない木が伸び放題。
光を求めてか屋根の上の方に枝を伸ばしお隣にえらく迷惑かけてた。

仕方がないからノコギリ用意して庭木の伐採。
マスクにゴーグルかけて頭にはタオル巻いて何とも怪しい格好で。
大して太くない木だったけど足場が悪いので往生。
メタボ氏と二人で格闘すること2時間ほど。
なんとかジャマになってる枝やら切り落とした。
とげやらあってあちこち小傷は出来るしホンマにしんどかった~

あとは…切り落とした枝とまだ取り切れなかった枝の処分よねぇ。。
ちまちま自分たちでやるか…お金をかけるか…悩む所だわ。

posted by hidekka at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルツ・エピカ

Wbardos_epica2005_2 アルツ・エピカ 2005 デ・バルドス
スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ 赤
葡萄品種:ティンタ・デル・パイス (テンプラニーリョ)
熟成:フレンチオーク新樽16ヶ月
3本セット税込6405円で購入したうちの1本。
一度買ってめちゃくちゃ美味しかった。
凝縮感たっぷりでそれはもう大満足の味。
セットで安くなってれば買いたい一本。
ラベル,ボトルにぐるっと巻いてあるので撮るときどこを撮るか迷う。反対側はこんな感じ(→
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
〔アルツ・エピカ (壮大な芸術)〕
カラーは暗い紫色で、色が深い。黒い果実、チョコレート、フレンチオークの木の香りが際立つ複雑で心地よい香り。
ボディは力強く、樹齢の高いティンタ・デル・パイスの素晴らしい特徴が広がりをみせます。

posted by hidekka at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする