2011年04月30日

アランダ・ティント

Walanda2006 アランダ・ティント 2006 キンタ・ダ・ムラデッラ
税込 @4200円
スペイン/D.O.モンテレイ 赤
生産者:キンタ・ダ・ムラデッラ
輸入元:(有)ワイナリー和泉屋
生産本数:3,900本
葡萄品種:バスタルド60%、メンシア30%、その他いろいろ10%。
三本セット 税込 @7260円でかったうちの最後の1本。
透明な赤紫色だったのでもしかして軽いかも,なんてな先入観で飲んだら…これが大違い。
タンニンややしっかり目。控えめな甘みもありうまみたっぷり。ほのかな樽の香りもよくて滅茶美味しかった。
味わいしっかりだけど口当たりもよくて1本飲み干してしまえそうな感じ。ハナマルでした。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
樽とステンレスタンク半々で半年間熟成させます。キンタ・ダ・ムラデッラのスタンダードワイン。
樽はフレンチオークで300Liと225Liを使用。多くの畑からのブレンド。
『悲しいことに、アメリカ市場に輸入されるのは40ケースのみである』
と嘆いたワインがこのアランダ・ティントです。
スペインワインで最も入手困難と言われる幻のワイン、ア・トラベをラウル・ペレスとともにつくったのがこのキンタ・ダ・ムラデッラのオーナー、ホセ・マテオです。
『葡萄の完熟感や凝縮感があり、余韻が長く、純粋。この並外れた作品は、試飲してみれば、そのユニークさがわかるはずだ』ともザ・ワイン・アドヴォケイトはコメントしています。
ランダ・ティントはキンタ・ダ・ムラデッラが所有するいくつかの畑に植えられる、ガリシア地方の固有品種バスタルド、メンシア、その他地葡萄をブレンドしてつくられます。
キンタ・ダ・ムラデッラではスタンダード的な位置づけですがこれがまた素晴らしい味わいなのです。

posted by hidekka at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fish-Eye

ご縁があって,Fish-Eyeというレンズを幸運にも入手することができた。
smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED。
早速ウーノで試し撮り。
この頃単焦点レンズになれてたので最初イマイチひずみが出ない…と思ってたら17mm側にあわせてた(^^;)
10mmだとこんな感じになる。
20110430uno
20110430room 超広角なので,10mmでパソコンのすぐ近くから撮ってもこんなに映る(整理されてないのが恥ずかしいけどほかに取れる場所がなかった^^;)。
ウーノの鼻面撮ろうと思うともう滅茶接近戦!
近づいてばっかりだと鼻をレンズにつけようとするし,レンズ守りつつ嫌がるウーノをなだめつつ追っかけ,大騒ぎの試し撮りになった。
メタボ氏が“ウーノはいつもこういう生活か…気の毒やなぁ”とぼそっと一言。
まあね…私と一緒に暮らすには多少(?)の我慢はつきもの(▽;)

17mmと10mmで試し撮り。どっちも左が17mm。
20110430cr_1 20110430cr_2
20110430hana_1 20110430hana_2
20110430fisheye レンズの形状はこんなの。
短いレンズフードが組み込み。
なので…ウーノがレンズに直接鼻をつけることは超簡単。
レンズに鼻が伸びるたび逃げんとあかんし,撮影は接近したいし…結構大変で…
結局一回だけ鼻タッチされてしまった。

面白いレンズ。
あー楽しかったぁ。
試し撮りしてるうちに電池切れしてしまって…充電終わり次第また撮ってみないと!

まだたくさん撮ってないけど十分使えそう。
ありがとうございました!

posted by hidekka at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

GW始まる

20110429uno_1 今日からGW。
うちは前半と後半の三連休。
休みは時間もあるのでゆっくりとお手入れタイム。
爪やすりかけてたら気持ち良さそに眠ってしまった姫君でした。

20110429uno_2 お昼前,いつもはいない遊び相手がいるのでボールもってスタンバイ。
休み中動きすぎて疲れんようにね~

posted by hidekka at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タケノコ

20110429takenoko 予定通りタケノコ買いにプチドライブ。
例年買ってた所のがやっと買えた。
フツーの家の軒先で売ってたんやけど,先週通ったときしまっててなんでやろと思ってたら…販売所が移転してた~。
しっかり張り紙がしてあったのだけど先週は全く気がつかずでスルーしてしまってた。
張り紙の地図コンデジに収めて,車の中でもめることしばし。あっちやこっちで方向転換して車通りが少ないのをいいことにとろとろ運転でやっとこさ新しい販売所発見。無事ゲットできた。
いつもなら一袋(だいたい3本入り)500円ぐらいになってる時期だけど,今年はまだまだ高く1000円。でもこの1000円は高くない。
包丁入れたときの柔らかさがもう全く違う。
今夜早速試食♪

※ついでに新タマネギも買ってきた。こっちは3個100円でした※

posted by hidekka at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日給油

朝一で給油してきた。
車だそうとガレージのシャッター開けたら…お日様が。
20110429hinode
AM5時27分頃。日の出もいつの間にか早くなってる。
まぶしいの我慢しつつスタンドへ。
ガソリンまた1円上がっててプリカ価格でリッター145円なり~。
燃費は…珍しく11! プチ遠出をしたせいかも。
帰り道の朝日。
20110429asahi
今日171号線沿いの最安値のところで142円。高い所では148円とかの所も。
じわじわ上がってる。。

posted by hidekka at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

保留になってた更新…Win7

Win7,今月の定期更新で保留になってたKB890830(悪意のあるソフトウェアの削除ツール)が本日めでたく選ばれて更新。
なんでかシステムが保留にしてたのでそのままほっぽってあった。

GWやることも特にないし…そろそろSP1入れてみようかなぁ。。

posted by hidekka at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッソ・デ・ラ・カプラ・テンプラニーリョ

Wpasos_tempranillo20092 パッソ・デ・ラ・カプラ・テンプラニーリョ 2009 アバニコ
税込 @1323円
スペイン/バルセロナ 赤
生産者:ボデガス・アバニコ
シラーに引き続きリピート。
バランスもいいし飲みやすい。
アルタリウス・クリアンサよりアバニコの方が飲み応えがあって私の好み。
以下 お店の説明書きより
ボデガス・アバニコ、バルセロナに拠を構えるワイン商。スペイン北部の生産者とコンタクトをもち素晴らしいワインを購入し、販売しています。
低価格で美味しいモノ・バラエタル(単一品種)ワイン。コストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

posted by hidekka at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良の八重桜

20110428narayae_1
一番遅咲きの奈良の八重桜やっと開花。
花も小さくて八重といっても控えめな八重。
楚々としてきれい。
20110428narayae_0 20110428narayae_2 20110428narayae_3
何枚か撮ってみたけど曇り空に花びらの色が溶け込んでしまってうまくいかなかった。ザンネン~
八重桜,そろそろ花びらが散り始めてきてるけど…なんとかGW前半ぐらいなら楽しめそう。

20110428hanamizuki 六孫神社でハナミズキの花(中心部の緑のところが本物の花)を接写してたら…
なんだかガーガーとうるさい。
何かと思ったら…カモのひよっこが孵ったばっかりだった。
ツツジの茂みの中で卵暖めてたんだそう。
生まれたばっかのひよっこはホンマかわいい。往きに見たときはまだ1羽しかおりてきてなかったけど帰りには無事全部が池の中にいてた。
20110428hiyoko_0 20110428hiyoko_1
早速カラスが狙うようにきてたけど…無事育つといいねぇ。。

明日からGW前半の三連休。とりあえず…タケノコ買いに行かなくちゃ。。。

posted by hidekka at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | さくら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

雑草

今日はまた全く違うコースを歩いて,この花がそこら中に咲いてた。
20110427poppy
形状はポピーみたい。けどちょっとしょぼい。
やたら強いみたいでちょっとした隙間でも咲いたりしてる。
野生化してしまったのか,違うものなのか疑問がふつふつとわいてきて…
もしかしたらヒットするかも…と“ポピー 似た花”で検索してみれば…これがヒットした。
ナガミヒナゲシという帰化植物らしい。
やたら強いと思ったら荒れ地に育つ花だそうな。荒れ地で大丈夫なら増える訳ね…
疑問解決。この頃のネットは便利ねぇ(って今更ね^^;)

あとハナミズキも花盛り,名前知らない花も。
春は花が多くてよろしいねぇ(^^)
20110427hanamizuki 20110427hana

今日はあったかくて上着いらず。午前中はお日様サンサンで歩いてて汗かいちゃった。
なのに今もう雲が広がってきてて…天気予報当たってるわ。

posted by hidekka at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | まいほびー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

アルタリウス・クリアンサ

Waltarivs2004_2 アルタリウス・クリアンサ 2004 ボデガス・バッリオサ
税込 @1470円
スペイン/リオハ 赤
生産者:ボデガス・バッリオサ
輸入元:ワイナリー和泉屋
葡萄品種:テンプラニーリョ 100%(リオハ・アルタ)
去年の夏ぐらいに買ってから久しぶりのリピート。
透明なやや濃いめの赤紫色。バランスよく飲みやすい。
コストパフォーマンスはよい方だと思う。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
12ヶ月樽熟成のクリアンサ。
ここで紹介するワイン、アルタリウス・クリアンサ(ボデガス・バッリオサ)はラベルに名前は出ていませんがフィンカ・ラ・エンペラトリスが同じボデガで同じ造りでリリースしているワインなのです。
世界的な大不景気で低価格&高品質ワインの需要が高まる中、フィンカ・ラ・エンペラトリスの価格は崩したくないと言う理由で新たに立ち上げたブランドがこのボデガス・バッリオサなのです。
アルタリウス・クリアンサ2004はテンプラニーリョ100%。クリアンサは24ヶ月以上の熟成が義務づけられ、リオハはそのうち330リットル以下の樽で12ヶ月のオーク樽熟成も義務づけられます。
スペイン一の銘醸地であるD.O.Ca. リオハは1991年に唯一特選原産地呼称に選ばれた唯一のエリアです。近年最高と言われた2004年、2005年ヴィンテージのワインたちはこれから数年、その素晴らしさを存分に楽しませてくれることでしょう。
フィンカ・ラ・エンペラトリス・クリアンサ2004とアルタリウス・クリアンサ2004を数回、飲み比べをしていますが品質的にはほとんど変わりなく、 私個人的な感想だとワインだけを楽しむのであればエンペラトリスを、肉料理など食事とともに楽しむのであればアルタリウスと感じました。
このアルタリウス・クリアンサ2004はコストパフォーマンス最高のリオハワインだと思います。

posted by hidekka at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする