2010年02月28日

VdP・ドック・カベルネ・シラーズ

Wgrandnoir2007 VdP・ドック・カベルネ・シラーズ 2007 グラン・ノワール 
税込 @1659円
フランス/ラングドック・赤
生産者:ル・グラン・ノワール
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%,シラーズ40%
酸味・タンニンのバランスがとれている。シラーが入ってるので割としっかり感もあるし,かといって重すぎず飲みやすいワインだった。私にはちょっと軽めではあったけど。
[E:wine]
以下 お店の説明書きより
≪畑≫
沖積石灰層を覆う表土には比較的砂利の多い畑を選択。
平均樹齢18年と、やや若木が多いため浅い層の土壌がぶどう育成に大きく影響する。
また若木のため49hl/ha に収量制限する。
それぞれの品種と樹齢に合った畑の選択は非常に重要でありワインのクオリティを左右するもの。
このワインの畑は特に良い区画だけを選んでいる。
≪醸造≫
100%除梗、選果。
14日間ステンレスタンクで低温マセラシオン。
マロラクティック発酵には樽を用い、オリ引き後約6ヶ月の熟成。
約半分が樽熟成(新樽10%)。
≪受賞暦≫
金賞…モンド・セレクション2009/2007vtg
★テイスティングしてみました★
シラーが入っているので赤紫がかった色合いで、香りもカシスやプルーン、山葡萄のような香り。
そして奥の方で、インクのような、青みのある、カベルネらしい香りが感じられ、少しすると、コーヒーやほんのりバニラの香りも現れてきます。
香りからは、さぞかしドローンとしているのだろう・・・と思って口に含むと、ベリーの果実味と滑らかで柔らかい舌触りに驚かされます。
全体的には骨太で、ボリュームがありながら、果実味と滑らかなタンニンのバランスがとても良いワインです。
二日目も、バランスが良いまま、ブドウの旨味を実感でき、私はどちらかというと、フランスのシラーの美味しさをより楽しめる二日目の方が好きです。
●合わせた料理
(お醤油やカキソース、豆板醤と好相性です)ラム肉とブロッコリーのカキソース炒め、ニンジンの
キンピラ、牛すね肉や牛バラ肉を煮込んだ料理とも相性が良さそうです。
抜栓から30分くらいすると、甘味が出てきて、熟成したパルミジャーノのようなチーズと相性が
良くなります。

posted by hidekka at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子パシュート銀メダル

バンクーバーオリンピックも終演に近づいて…
今朝は女子パシュートの決勝。
あわや金メダルかと思われたけど…100分の2秒差で銀メダル~
いやいや,ほんとにいい試合でした!
それにしても惜しかった!!

でも,祝銀メダル!!


2週間なんてあっという間。
バンクーバーオリンピックも終わってしまう。。
テレビの前で熱狂させてもらってありがとう,でした。

この後フィギュアスケートエキシビション。デジタル7チャンネルで生放送。
今日も朝から忙しい^^;

※パシュートで金メダルだったドイツ。準決勝の試合はほんとにドラマで…
最後尾になった選手が転倒しつつ必死になってゴールした。転んでも何でもゴールラインを過ぎればOKらしい。執念を感じた一瞬。転倒だから負けたと思っていて氷たたいて悔しがり,その後タイムの掲示板見た顔が一瞬で喜びに変わって。。 どんなドラマよりドラマチックだった。
追記:15歳の高木美帆ちゃん。エントリはされてたけどレースは一度も走らなかったからメダルなし。パシュートは実際に走らないとメダルはもらえないのだそうな。4年後にメダルとってね(^^)※

posted by hidekka at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする