2007年01月01日

フェルチアイノ

Bdg5vli8 フェルチアイノ 2003 ジョヴァンニ・キアッピーニ
税込み @3675円
イタリア/トスカーナ 赤
生産者:ジョヴァンニ・キアッピーニ
樽:あり
葡萄品種:サンジョヴェーゼ80%,カベルネ・ソーヴィニヨン10%,メルロ10%
大晦日のワインはこれ
タンニンがしっかりしているワイン
香りもよくおいしい
少々軽めの口当たり
これは値段もはるけど…年末のセールで少々安く手に入れた
[E:wine]
以下 説明書きより
かもしは14〜18日間。醗酵はステンレスタンクで6ヶ月。熟成は1/2が3年目の樽、1/2がステンレスタンクで6ヶ月。
明るいルビーレッド。チェリーやラズベリーなどのフレッシュな果実香があり、スミレをおもわせるチャーミングな香りにスパイスやなめし皮のニュアンスが加わっています。しっかりとした骨格があり、果実味とともに心地良いタンニンとエレガントな酸が余韻に残ります。

1954年、マルケ州の小さな村からトスカーナのボルゲリの地に家族と共に移り住んだジョヴァンニ・キアッピーニ。
最初は貴族のゲラルデスカ家からフェルッジーニに6ヘクタールの土地を購入。1978年、ボルゲリの「ゴールデン・ストリート」に、「レ・グロッティーネ」という2.5ヘクタールの畑を購入したことを発端に、1983年「グアド・デ・ジェリモ(5ha)」、1984年「フォンディ(8ha)」、1986年「フェルチアイノ(5ha)」、さらに2001年にフェルチアイノに5.5haを買い足し、現在20.5haの農地を所有。そのうち6haにはブドウを、7haにはオリーヴ、8.5haには野菜や果実、穀物などが植えられています。

1995年まではオリーヴと野菜のみを育てていましたが、この年からブドウの栽培も開始。当初は自家消費のためだけに作られていました。
しかし、あまりにも 「美味しい!」 との評判から、2000年より市場で販売されるようになりました。
オリーヴオイルだけでなく、ワインの素晴らしさでも名声を博すようになったキアピーニ家。
畑はトスカーナ地方でよく見かける畝と畝の間にオリーヴの木が植えられており、仕立てはコルドーネ・スペロナートで、植樹密度はヘクタールあたり5,000本〜5,500本。土壌はミネラルを多く含む粘土質土壌と砂利質土壌が帯状に並んでおり、粘土質土壌にはメルロ種、砂利質土壌にはカベルネ・ソーヴィニヨン種、植えられています。
ちなみに、メルロの畑はあのマッセートに隣接しています。

醸造に関して、優秀な若手エノロゴのグループ「マトゥーロ」のメンバーであるエミリアーノ・ファルジーニ氏がコンサルタントとして参加しています。

どのワインもオルネッライアに通じるようなエレガントさがあり、緻密さの点ではその上を行くといっても過言ではないとの評判です。

posted by hidekka at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | わいん〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年1月のカレンダー

今年最初のカレンダー
本来なら昨日のうちにできているはずだった
おかげで元旦早々カレンダー作る羽目になってしまった^^;
マラソン見ながら,制作

二匹には盆暮れ正月はなんの関係もないらしい
今朝もいつも通り…朝早くから起こしてくれた
今年も元気で過ごして欲しい^^

posted by hidekka at 11:23| Comment(8) | TrackBack(1) | カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年元旦

あけましておめでとうございます
Umdynxqk 本年もよろしくお願いいたします
m(_ _)m

初日の出,AM 7:20
最低気温0度とむっちゃ冷え込んだ朝だったけど…
今年はきれいな初日の出を拝むことができた


Xlpruboe 東寺も大晦日は終夜ライトアップされる
今朝,日の出前の東寺五重塔
posted by hidekka at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ついたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする